喜多川 歌麿(1753~1806)

喜多川 歌麿は美人画絵師として活躍しました。


しかし、その生涯については、実はよくわかっていません。
初め、狩野派の町絵師・鳥山石燕に学びましたが、
版元・蔦屋重三郎に見出された後、
天明期より黄表紙の挿絵や錦絵を手がけるようになります。
寛政期に入り、評判の町娘や遊里の女性たちを魅力的に描き、
浮世絵美人画の第一人者としてその名を知らしめました。


しかし、豊臣秀吉の醍醐の花見を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」を
描いたことがきっかけとなり、幕府に捕縛され手鎖50日の処分を受けます。


この刑の後、歌麿は非常にやつれ、病気になったとされるています。
しかし歌麿の人気は衰えず、版元たちは病から回復する見込みがないと知ると、
これが最後と版下絵の依頼が殺到し、その過労からか文化3年(1806年)死去しました。