富士山

静岡県と山梨県にまたがる世界遺産
富士山-信仰の対象と芸術の源泉

古より日本人は、噴火を繰り返す富士山を神が宿る山として畏れ、噴火を鎮めるために富士山の麓に浅間神社を建立しました。噴火活動が沈静化する平安時代後期になると富士山は、日本古来の山岳信仰と密教等が習合した「修験道」の道場となりました。12世紀前半に活躍した修行僧の末代上人は、山頂に大日寺を築きました。室町時代後半には、修験者とともに一般庶民も登拝するようになり、戦国時代に現れた長谷川角行が新たな富士山信仰を教義としてまとめたとされています。角行の教えは弟子へと引き継がれ、江戸時代中期には「富士講」として関東を中心に大流行し、多くの人々が富士登山や富士五湖等の霊地への巡礼を行うようになりました。明治になると女性の山頂登山も解禁となり、また鉄道や道路網の発達により多くの登山者が山頂を目指すようになりました。

 

絹本著色富士曼荼羅図 (富士山本宮浅間大社蔵)

1
御来光

2

富士山と芸術
富士山はその美しい姿から、様々な創作活動の題材となってきました。8世紀に編纂された日本最古の歌集である『万葉集』にも、富士山が詠まれた作品があり、そのひとつでは、富士山を国の鎮めの神であり、宝であると詠んでいます。この時期立ち上っていた噴煙は、燃える恋の象徴として数多くの文学作品に描かれました。『竹取物語』『古今和歌集』『伊勢物語』などの古典作品をはじめ、松尾芭蕉や与謝野蕪村の俳句、夏目漱石や太宰治の作品にも取り上げられています。富士山を描いた最も有名な絵画としては、江戸時代に製作された浮世絵があげられます。浮世絵では、葛飾北斎が『冨嶽三十六景』で、歌川広重が『不二三十六景』『東海道五拾参次』で様々な場所から見た富士山を描き、ゴッホやモネなど、印象派の画家にも影響を与えました。近代日本がでは、『群青富士』で知られる横山大観などが数多くの富士山の作品を残しています。これらのことから、富士山には、芸術の厳選として世界遺産(文化遺産)にふさわしい価値があるといえます。

 

横山大観「群青富士」(静岡県立美術館蔵)

3
歌川広重「東海道五十三次」 (静岡市立東海道広重美術館所蔵)

4

富士山は条件付世界遺産です。
環境問題は世界遺産登録前から問題になっており、環境問題改善が条件になっています。もし取り消されるような事になれば日本の象徴である富士山だけにものすごいダメージになります。今年から入山料設定等対策はしていますが、多くの懸念材料を抱えています。

従来から環境問題に取り組んでいる「ふじさんネットーワーク」とい組織があり、普段の努力には敬服しています。皆さん是非応援しましょう。http://www.pref.shizuoka.jp/