特集・ジャポニスム再考

モネジャポニスム

ジャポニスム(仏: Japonisme)、あるいはジャポニズム(英: Japonism)とは、ヨーロッパで見られた日本趣味のこと。フランスを中心としたヨーロッパでの潮流であったため、ここではフランス語読みである「ジャポニスム」に表記を統一する。

19世紀中頃の万国博覧会(国際博覧会)へ出品などをきっかけに、日本美術(浮世絵、琳派、工芸品など)が注目され、西洋の作家たちに大きな影響を与えた。1870年には、フランス美術界においてジャポニスムの影響はすでに顕著であり、1876年には”japonisme”という単語がフランスの辞書に登場した。

ジャポニスムは画家を初めとして、作家たちにも多大な影響を与えた。たとえばゴッホによる『名所江戸百景』の模写やクロード・モネの着物を着た少女が非常に有名であり、ドガを初めとした画家の色彩感覚にも影響を与えた。

ジャポニスムは、たんなる一時的な流行に終わらなかった。14世紀以降、西欧では何度か大きな変革が起きた。西洋近代を告げるルネサンスにおいて自然回帰運動が起き、写実性を求める動きが次第に強まり、19世紀中頃にクールベらによって名実ともに写実主義が定着した。19世紀後半からは写実主義が衰え、印象主義を経てモダニズムに至る変革が起きた。この大きな変革の段階で決定的に作用を及ぼしたのがジャポニスムであったと考えられている。ジャポニスムは流行にとどまらず、それ以降1世紀近く続いた世界的な芸術運動の発端となったのである。

影響

葛飾北斎や喜多川歌麿を含む日本の画家の作品は絶大な影響をヨーロッパに与えた。日本では文明開化が起こり、浮世絵などの出版物が急速に衰えていく一方で、日本美術はヨーロッパで絶大な評価を受けていた。日本美術から影響を受けたアーティストにはピエール・ボナール、マネ、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、メアリー・カサット、エドガー・ドガ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ジェームズ・マクニール・ホイッスラー、モネ、ゴッホ、カミーユ・ピサロ、ポール・ゴーギャン、グスタフ・クリムトその他多数いる。

ありとあらゆる分野が影響を受けたが、当然、版画が特に影響を受けた。ヨーロッパで主流だったのはリトグラフであって、木版画ではなかったが、日本の影響を抜きにして、ロートレックのリトグラフやポスターについて語ることなど考えられない。木版画によるジャポニスムの作品が作られるようになるのは、モノクロではあったものの、ゴーギャンとフェリックス・ヴァロットンが最初となる。

イギリスへの日本美術の伝達にはホイッスラーが重要な役割を果たした。当時パリは日本の物産の集散地として知られており、ホイッスラーは滞在中に優れたコレクションを蓄積した。

ゴッホのいくつかの作品は浮世絵のスタイルを模倣したり、それ自体をモチーフにしたりしている。たとえば『タンギー爺さん』(あるアートショップのオーナー)の肖像画には、背景に6つの浮世絵が描かれている。また彼は、1886年、渓斎英泉の浮世絵をパリの雑誌『パリ・イリュストレ』(Paris Illustré)で見つけた後、1887年に『花魁』を描いている。ゴッホはこの時すでにアントウェルペンで浮世絵版画を収集していた。

音楽に関しては、ジャコモ・プッチーニの有名な『蝶々夫人』がジャポニスムの影響を受けている。また、ウィリアム・ギルバートとアーサー・サリヴァンによる有名なオペレッタ『ミカド』は、ロンドンのナイツブリッジで行われた日本の展示会から着想を得たものである。

万国博の歴史

明治政府がはじめて正式に参加した万博は、1873年のウィーン万博である。新しい日本を全世界にアピールしなければならないという使命はこれまでの万博よりも強くならざるをえなかった。1,300坪ほどの敷地に神社と日本庭園を造り、白木の鳥居、奥に神殿、神楽堂や反り橋を配置した。産業館にも浮世絵や工芸品を展示し、名古屋城の金鯱、鎌倉大仏の模型、高さ4メートルほどの東京谷中天王寺五重塔模型や直径2メートルの大太鼓、直径4メートルの浪に竜を描いた提灯などが人目を引いた。

これらの選定は、日本人が独自に行ったわけではない。オーストリアの公使館員であるシーボルト(H. Siebold)により推薦された、ドイツ人のお雇い外国人ワグネル(G. Wagener)の指導によるものであった。ワグネルは、日本では近代工業が未発達であるため、西洋の模倣でしかない機械製品よりも、日本的で精巧な美術工芸品を中心に出展したほうがよいと判断し、日本全国から優れた工芸品を買い上げた。また、シーボルトは東洋のエキゾチシズムをアピールするには、人目を引く大きなものが良いと勧めたのである。

彼らの目論見どおり、神社と日本庭園は大いに評判となり、展示物も飛ぶように売れ、うちわは1週間に数千本を売りつくした。皇帝フランツ・ヨゼフ一世と皇后エリーザベトも来場し、建設中の反り橋の渡り初めを行った。一行はカンナの削りくずに興味を持ち、女官に丁寧に折りたたんで持ってかえらせたと言われている。万博終了時には、イギリスのアレキサンドル・パーク商社が日本庭園の建物のみならず、木や石の全てを買いあげるほどであった。

ウィーンでのジャポニスムはその後、1890年代の分離派、クリムト(G. Klimt)の日本文様を意識した絵画などに受け継がれてゆく。ちなみに、アレキサンドル・パーク商社と契約した起立工商会社は、ウィーン万博を契機に日本政府が作らせた会社で、日本の工芸品を売ることで外貨獲得に貢献した。1878年の第3回パリ万博では、日本の田舎屋を再現して好評を得るが、この万博で起立工商会社の通訳を務めた林忠正は、後に美術商としてパリのジャポニスムの立役者となった。
IMG