華道

華道写真華道の発祥は仏教伝来に際し花を献じる供花に由来するという説が有力であす。また、一輪挿しなどに挿した花を愛でる習慣は古くは平安時代あたりまで遡り、例えば『枕草子』などの文献史料からたどることができます。当初は既存の器を利用していたが、後に専用の花器が製作されるようになりました。

華道の確立は室町時代中期、京都六角堂の僧侶によるものとされます。僧侶は代々池のほとりに居住していたことから「池坊(いけのぼう)」と呼ばれていたそうです。そうした呼び名がのちに流派の名前となり、家元、宗家らによって江戸時代中期にかけて立花(たちばな、りっか; 「立華」とも書く)と呼ばれる型が大成されていきました。 その後江戸中期から後期になると、華道はそれまでの上流階級・武家階級のものから広く庶民のたしなみへと変化し、生花(しょうか、せいか)を中心に広く愛さるようになりました。

今日の華道と言えば、江戸時代後期文化文政の時代に流行した生花、挿花のことを指すことが多い。とくに江戸後期に大流行した曲生けと呼ばれた遠州流系では技巧の達人・名手が多く登場し、意匠を凝らした銅の花器や厳選された木材と職人技の塗り花台などとともに数寄者がこぞって花を生け、今もその意匠・デザインは引き継がれていることも多いようです。また関西では未生流系、東日本では古流系などの流派から多くの流派に分かれていくきっかけとなりました。

江戸末期から明治初期の頃、世界的なジャポニスムにより華道・生け花が欧州に紹介され、ヨーロッパのフラワーデザインにラインアレンジメントの手法として影響を与えた。国内ではやがて花姿は時代の流れに即し、なげいれ花、盛り花(もりばな)などさまざまな型が編み出されました。また異種花材として植物以外のあらゆる材料も「花材」として盛んに取り入れられています。

花の色や質感、季節を考慮して組み合わせる事を「花材の取り合わせ」という。流派によって細やかに定めを規定しているが、基本的には主材、配材に区分し、主材には夏ハぜなど「木もの」、配材には菊やハランなど「花もの」に加えて「葉もの」を充てます。しかし、いけばなでは季節感が大変重要です。

水揚げ法は花材の日持ちをはかる上で重要かつ不可欠ないけばな心得の一つです。科学的根拠と云うより、先人の経験からの知識によって伝承されることが主です。蒸散作用の抑制から、風にあてない事も重要です。

諸道具:花器、剣山、花バサミ、花台等、針金、のこぎり