第一回「クールジャパン・マッチングアワード」グランプリ決定

日本の魅力や海外展開する商品やサービスを生み出す異業種連携プロジェクトを表彰する
第1回「クールジャパン・マッチングアワード」(主催・クールジャパン官民連携プラットフォーム)の表彰式が2月16日、
東京都港区の虎ノ門ヒルズで行われました。
歌舞伎と日本の最新ITC技術を融合させた新しいエンタテインメントイベントを国内外で展開した
松竹(本社・東京都中央区)がグランプリを受賞しました。




受賞したプロジェクトは「『KABUKI LION 獅子王』と
『超歌舞伎・今昔饗宴(はなくらべ)千本桜』におけるテクノロジーの融合」。
「KABUKI LION 獅子王」は2016年5月に米ラスベガスで上演された市川染五郎主演の新作歌舞伎で、
パナソニックやNTTの最新映像技術を駆使し、3Dスキャナーで読み取った
来場客のアバター(分身映像)動画を劇中に登場させるなどの斬新な演出で大きな注目を集めました。
また、「超歌舞伎・今昔饗宴千本桜」は、動画共有サービス「ニコニコ動画」を展開するドワンゴと連携し、
16年4月に千葉市の幕張メッセで開かれた「ニコニコ超会議2016」で上演されました。
NTTの映像技術などを駆使し、歌舞伎役者の中村獅童とキャラクターの初音ミクが初共演しまた。