浮世絵「美人画×相撲絵」

相撲絵(すもうえ)とは、江戸時代に描かれた浮世絵の様式のひとつです。当時は今話題のモンゴル力士はいませんでした。
人気力士の土俵上での取組み、またその日常生活などを描いたものを指します。後には力士たちの宴会の図や稽古場風景などが描かれるようになりました。美人画の歌川国貞がよく相撲絵も描いています。粋な構図です。

「相撲人形花の取組 不知火諾右衛門」