江戸っ子について

江戸っ子という言葉をよく聞きます。どういうことなのか調べていたら下記のように日本大百科全書に詳しい解説がありました。

江戸居住者ないし江戸市民は江戸者と称し、そのなかでも生え抜きの江戸者、生粋(きっすい)の江戸市民を江戸っ子といった。江戸っ子は父母ともに3代続きの市民であることが必要条件とされた。このように絞ると、享保(きょうほう)年間(1716~36)の江戸町人人口50万のうち、江戸っ子はざっと10%にしかならなかった。「江戸っ子」ということばの初見は1771年(明和8)の川柳(せんりゅう)で、「江戸っ子のわらんじをはくらんがしさ」である。1603年(慶長8)江戸開府後、各地から浪人者その他が多数流入して江戸市井に入り込み、各町の草分けとなってから約1世紀半もたつと、蓄財も進み成長した町人ができてきた。そのころになると江戸市民の間に同郷的連帯感が強まってくるし、「江戸っ子」ということばがみられるようになる。またこの語感が彼らの気質にもあったために、寛政(かんせい)(1789~1801)以後の江戸繁栄期に普及した。

この江戸っ子の特徴としてあげられるのは、粋(いき)で勇み肌の気風、さっぱりとした態度、歯切れのよさ、金銭への執着のなさなどがあり、また浅慮でけんかっ早い点もある。「金の鯱鉾(しゃちほこ)をにらんで、水道の水を産湯(うぶゆ)に浴び、おがみ搗(づ)きの米を食って、日本橋の真ん中で育った金箔(きんぱく)つきの江戸っ子だ……」が、芝居の台詞(せりふ)からきた自賛の弁。将軍家のお膝元(ひざもと)に住むという自負のある反面、排他的な誇りを含み、見栄(みえ)を張り、意地を張るという気質も強い。

江戸の経済構造が利権にからみ、ぬれ手で粟(あわ)のつかみ取りといった新興富裕層を生み、それを浪費、蕩尽(とうじん)する一面が強調され、また江戸の都市構造上頻繁に起こる火事は大商人をおびえさせた。しかし勤労層は災害もあまり苦にならず、労銀もあがり、復興景気の恩恵にあずかれるとなれば、宵越しの金をもつ必要もなかった。大工、左官、鳶(とび)の者、天秤棒(てんびんぼう)を肩にして行商する連中などの、「俺(おれ)たちゃ江戸っ子だ」という意識が強くなり、それを唯一の誇りとして「江戸っ子」を振り回して力みだしたのは文政(ぶんせい)(1818~30)のころからである。[稲垣史生]
『『三田村鳶魚全集 第7巻』(1975・中央公論社) ▽斉藤隆三著『江戸のすがた』(1936・雄山閣出版) ▽石母田俊著『江戸っ子』(1966・桃源社) ▽西山松之助著『江戸っ子』(1980・吉川弘文館)』 より

「江戸っ子」の意識が江戸時代中期の18世紀半ば以降にできあがった背景には、新興都市として発展した江戸の町の特異性があるようです。江戸の街には地方から多くの人が移住しそれに対抗して方言や生活習慣で地方色を色濃く残す江戸住まいの地方出身者や上方文化に対抗するプライドや「江戸生まれ」としての確固たる美意識が芽生えた結果、「自分は “江戸っ子”である」という意識が生まれたのでしょう。『通言総籬』には以下のような江戸っ子の口上が記載されています。

金の魚虎(しゃちほこ)をにらんで、水道の水を産湯に浴びて、お膝元に生まれ出でては、拝搗の米を喰って、乳母日傘で長(ひととなり)、金銀の細螺はじきに、陸奥山も卑きとし、吉原本田の髣筆の間に、安房上総も近しとす、隅水(隅田川)の鮊も中落は喰ず、本町の角屋敷をなげて大門をは、人の心の花にぞありける、江戸っ子の根性骨、萬事に渡る日本ばしの真中から・・・(後略)—山東京伝『通言総籬』、

落語や小説でも江戸っ子は取り上げられ夏目漱石の「坊ちゃん」は有名です。また江戸っ子のキャラクター例として寅さんや両さんを思い浮かべますね。ビートたけしさんも下町育ちでぺらんめー調です。

バブル期以降地上げ等が進み都心下町を離れる人も多く「江戸っ子」の気質を継ぐ人が少なくなっています。近年、江戸っ子と呼称する条件の厳しさから、概ね東京旧市内の地域の住人の間で、同じ地域内で代を重ねた住人に対し「(地域名)っ子」の名称を好んで使う傾向にある(神田っ子、下谷っ子、本所っ子、深川っ子など)ようです。