日本三大商人に学ぶ Learning from Japan’s three large merchant

商人近江商人

日本の商人道については、石田梅岩の石門心学や西川如見らにより一般の商人道が語られました。実際には日本三大商人と言われている大阪商人。近江商人。伊勢商人らの活動からその基本や特徴を捉える事により、身近にビジネス心得を学ぶ事ができます。

まずは大阪商人ですが源流は堺商人とも言われています。元禄時代、井原西鶴の「日本永代蔵」がベストセラーになりました。この本の中で彼は大阪商人の特色「始末」「才覚」「算用」等を紹介しました。

特に「始末とは、『始』と『末』、すなわち、始めと終わりのことで、『経済活動における一貫した計画性』というのが本来の意味だった」と語られているように、計画と結果を合わせる、計画性と無駄を省く合理性、そして質素と倹約の美学であるといっています。

またその他大阪商人の特色を現した名言を見てみると「損して得取れ」「商いは飽きない」「商いは笑いにて勝てり」「生き金をつかわなあかん」「商売ハ牛ノ涎(ヨダレ)ナリ」等があります。

続いて近江商人については天秤棒商法が有名です。近江(滋賀県)に本店を置き、全国各地を商圏として活躍した近江商人は、封建体制の時代に活躍しました。当時、他国で円滑に商業活動を行うためには、自己の利益を優先する以前に、商行為を行う土地のためを思う気持ち、今でいう社会貢献活動を視野においた商いが、何よりも大切なことでした

「積善の家に必ず余慶あり」 「無理に売るな,客の好むものも売るな,客のためになるものを売れ」 「自利利他(じりりた)円満の功徳」・三方よし。「売り手よし、買い手よし、世間よし」。「資金の少なきを憂うなかれ,信用の足らざるを憂うべし」このような言葉を残しています。その伝統は。現在伊藤忠 丸紅 高島屋 西川産業等に引き継がれています。近江商人の詳細について

http://www.omi-syonin.com/index.htm

最後に伊勢商人についてです。特に三越の前身「越後屋」で一世風靡した三井高利に代表される伊勢商人が有名です。富士山と同じぐらい越後屋は江戸で有名な大店でした。

「現金掛け値なし」「商の道 何にても 新法工夫 可到(いたすべく)候」「商のかけ引、時節に従ひ考えを凝らし、時を見、変を思うべし。」

「商売は見切り時の大切なるを覚悟すべし。」こんな創意工夫の言葉を残しています。

また三越小僧読本にお客様第一の精神が語られ (現三越伊勢丹に)。イオン等に伝統が引き継がれています。

以上の三大商人から、決して利益優先の暴利主義ではない事を、また確固たる信念哲学のもと営利活動をおこなっていたことを、基本のビジネス心得として学ぶ事ができます。