手漉き和紙が世界無形文化遺産に!

2014年11月27日、手漉き和紙が、ユネスコの世界無形文化遺産に登録認定されました。

昨年は「和食」が登録され話題を呼びました。いずれも保護を目的としています。

登録が決まったのは、島根県の石州半紙、岐阜県の本美濃紙、埼玉県の細川紙の3種類。「和紙 日本の手漉和紙技術」。この3種の和紙の保存団体は、いずれも国の重要無形文化財に指定されています。

和紙は、中国から伝わった紙から独自に進化したもので、その強靱さや独特の風合いを持ちます。材料にコウゾやミツマタ、ガンピなど低木の樹皮繊維を使うのが特徴です。

和紙は版画や日本画の素材として、また書道用とし使用されます。文化財修復用に長期的柔軟性と耐久性,安定性を持つ高品質な和紙が欠かせません。また紙幣にも使われています。

今回せっかくの登録ですが、懸念もあります。和紙の原料コウゾツ等の国産生産量が減少。輸入物に頼る傾向があります。国産の質の良い原料が手すき技術には必要であり、「手漉き和紙」にはやはり国産の原料を確保・使用する事も大切なことですね。

和紙