オランダにて北斎の絵画発見

江戸時代にドイツ人医師・シーボルト(1796~1866)が日本から持ち帰り、作者がわからなかった絵画6点について、所蔵するオランダの博物館の研究者が、浮世絵師の葛飾北斎(1760~1849)の作品だと22日に発表した。目録に「北斎が西洋画の技法で描いた」とのシーボルトの記述があったという。

オランダのライデン国立民族学博物館のシニア研究員、マティ・フォラーさん(67)が、長崎市であった国際会議で発表した。6点のうち5点は和紙に描かれ、博物館が現物を所蔵。雪がしんしんと降り積もる増上寺や、江戸城、富士山を望む日本橋など江戸の情景が水彩で描かれている。あとの1点は石版画。

%e5%8c%97%e6%96%8e%e6%b4%8b%e7%94%bb