「浮世絵と着物」

浮世絵は江戸庶民の風俗や出来事など伝える一種のメディアとして発展しました。
当然その中では女性のファッションも伝えていたわけです。髪、色、帯、文様、櫛ポーズ等含め着物の情報がいろいろ詰め込まれています。
特に美人画にはその特徴をがよく表現されています。北斎などは文様のデザイン資料、「北斎博物誌文様編」も残しており流石です。
振袖 留袖 浴衣等着物ファッションに注目して浮世絵を楽しむ方法もあります。