「日本のやきもの 陶磁器について」

焼き物は大きく陶器と磁器の2つに分けられます。陶器と磁器では、原材料の違いがあります。陶器は粘土が主。磁器は石を砕いた粉を水で練った石粉が主です。
焼成温度の違いですが、陶器は700℃~1100℃。磁器は1200℃~1400℃で制作。陶器は見た目が柔らかい感じ、磁器は見た目がガラス質で硬い感じがします。陶器と呼ばれるものには「益子焼」「笠間焼」「信楽焼」「丹波焼」「備前焼」などがあります。釉薬がかけられている部分は手触りでいうと”ツルツル”しています。釉薬がかかっていない部分の手触りはザラザラしているというのも特徴のひとつです。
一方磁器には「九谷焼」「京焼」「有田焼」などがあります。装飾は主に染付(そめつけ)という手法が用いられているというのも特徴のひとつです。
【日本六古窯】日本六古窯は、日本独自の焼き方を継承する焼き物です。他の窯は中国大陸や朝鮮から渡来した技術によって始められたものです。六古窯は全て、国指定伝統的工芸品です。

丹波焼(兵庫県)

瀬戸焼(愛知県)

常滑焼(愛知県)

信楽焼(滋賀県)

備前焼(岡山県)

越前焼(福井県)